がんの勉強部屋☆
がんの最新情報から予防、医療情報まで科学的証拠に基づいた情報を集めまています。いろいろな情報を共有できたらと思っています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
中皮腫に大腸がん薬有効 金沢大、動物実験で確認
アスベスト(石綿)吸引などで起こるとされる悪性胸膜中皮腫の
治療に、大腸がん治療薬として今年承認された「アバスチン」(一
般名ベバシズマブ)が有効とみられることを、矢野聖二(やの・せ
いじ)金沢大がん研究所教授(腫瘍(しゅよう)内科)らのチーム
が、動物実験で16日までに突き止めた。10月に横浜市で開かれ
る日本癌学会で発表する。

 アバスチンは、がんに栄養を供給する腫瘍血管の形成に欠かせな
い、血管内皮増殖因子(VEGF)の働きを阻害し、がんを「兵糧
攻め」にする働きがある。

 中皮腫はがんの一種で、胸の痛みや呼吸困難を伴う。治療薬とし
て「アリムタ」(一般名ペメトレキセド)が今年承認されたが、効
果は限定的とされ、新たな治療法が模索されている。

 肺に胸水がたまるタイプの中皮腫の細胞を移植したマウスにアバ
スチンを投与する実験では、中皮腫の増殖や胸水を抑える効果がみ
られた。薬を与えないマウスが移植後35日で死んだのに対し、ア
リムタでは45日、アバスチンでは55日まで延命。両薬剤を併用
した場合は65日まで延命できた。

 さらにチームは、中皮腫細胞の表面で、増殖や転移にかかわる受
容体を特定。矢野教授は「この受容体の働きを阻害する薬剤を併用
すれば、さらに高い治療効果が期待できる」としている。[共同通
信]
スポンサーサイト

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)

テーマ:ガン治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cancernet.blog89.fc2.com/tb.php/202-833144fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

☆ガン予防メルマガ☆

ガンを知ることによって予防するためのメルマガです。 ご登録よろしくお願いします☆

メルマガ登録・解除
がん予防のすすめ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

最近の記事

ブログ検索

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。