がんの勉強部屋☆
がんの最新情報から予防、医療情報まで科学的証拠に基づいた情報を集めまています。いろいろな情報を共有できたらと思っています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
中国産魚介類から抗菌剤 米当局が輸入停止措置 動物への発が
米食品医薬品局(FDA)は
28日、中国産の魚介類から、動物に対して発がん性があるなどの
理由で米国内で使用が禁止されている微量の抗菌剤が見つかったと
して、エビやウナギなど5種類の中国産養殖魚介類の輸入を一時停
止すると発表した。

 健康被害は出ていないという。抗菌剤に汚染されていないことを
輸入業者が証明した魚介類に限り、輸入を認める。

 今年3月にペットフードで発覚した中国製品の有害物質汚染は、
練り歯磨き、医薬品、おもちゃなどから一般食品にまで拡大した。
大量の食品を中国から輸入している日本にも影響が出そうだ。

 FDAによると、輸入を停止したのは、ほかにナマズ、バサと呼
ばれるナマズの仲間、コイ科の魚。昨年10月から今年5月までの
サンプル調査で、これらの魚介類から抗菌剤のニトロフランやマラ
カイトグリーン、フルオロキノロンなどが見つかった。検出限界に
近い微量という。

 ニトロフランとマラカイトグリーンは動物実験で発がん性が確認
され、中国でも魚介類への使用が禁止されている。フルオロキノロ
ンは医療用にも使われているが、耐性菌の拡大につながるため先進
国では漁業での使用が禁じられている。

 FDAは、年単位の長期にわたって摂取しないと健康への影響は
ないとして、既に出回っている魚介類については回収や廃棄を求め
ない方針。

 FDAによると、米国内で消費されているエビの9・6%が中国
産の養殖ものという。[共同通信]
スポンサーサイト

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cancernet.blog89.fc2.com/tb.php/184-87c5960c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

☆ガン予防メルマガ☆

ガンを知ることによって予防するためのメルマガです。 ご登録よろしくお願いします☆

メルマガ登録・解除
がん予防のすすめ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

最近の記事

ブログ検索

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。