がんの勉強部屋☆
がんの最新情報から予防、医療情報まで科学的証拠に基づいた情報を集めまています。いろいろな情報を共有できたらと思っています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
カフェインと運動に皮膚がん予防効果と マウス実験
ワシントン(ロイター) 適度のカフェイン摂取と運動を組み合わせると、紫外線による皮膚細胞の損傷を修復する能力が飛躍的に高まり、皮膚がん予防につながる可能性があることが、米ラトガーズ大でのマウス実験で分かった。ただ、人体にも当てはまるかどうかについては、さらに研究が必要という。


同大のがん研究者、アラン・コニー氏らが、専門誌「米科学アカデミー紀要(PNAS)」で報告した。それによると、チームでは、無毛マウスに紫外線を照射し、皮膚細胞のDNAに損傷を与えたうえで、マウスを4つのグループに分けた。


第1グループには、人間でいうとコーヒー1‐2杯に当たる量のカフェインを含んだ水を毎日与え、第2グループには車輪で運動させた。第3グループにはカフェイン摂取と運動の両方を続けさせ、第4グループにはどちらもさせなかった。


その結果、前がん状態に陥った皮膚細胞を退治する能力は、第1グループと第2グループでほぼ倍増。第3グループでは、第4グループの5倍近くまで達したという。


チームによると、コーヒーに含まれるカフェインと運動との組み合わせが、皮膚がん以外のがん予防につながる可能性は、これまで複数の研究報告で指摘されている。ただ、コニー氏は「コーヒーを飲んで運動をしていれば、紫外線をいくら浴びても大丈夫、などと思ってはいけない。これはあくまでマウスでの実験だ。人体での効果は立証されていない」と強調する。チームでは今後、マウスへの効果がどのように生じるのか、その仕組みを解明する研究に取り組む計画だという。


米国では毎年100万人以上が、新たに皮膚がんの診断を受けるとされる。皮膚がん財団のスポークスマンを務める皮膚科医のブルース・カッツ博士はこの報告を受け、「ごく予備的なデータにとどまっているものの、皮膚がんの危険性を抑えるための研究が進むのは素晴らしいことだ」と述べた。

CNN.jp
スポンサーサイト

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cancernet.blog89.fc2.com/tb.php/182-391859a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

☆ガン予防メルマガ☆

ガンを知ることによって予防するためのメルマガです。 ご登録よろしくお願いします☆

メルマガ登録・解除
がん予防のすすめ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

最近の記事

ブログ検索

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。