がんの勉強部屋☆
がんの最新情報から予防、医療情報まで科学的証拠に基づいた情報を集めまています。いろいろな情報を共有できたらと思っています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
がん相談の窓口を紹介、患者交流サイトも掲載
がんになって初めて、相談する場所の少なさに気付いた――。2人に1人ががんになるとされる時代でもそんな声が後を絶たない。そうした声に応えようと、患者支援団体「いいなステーション」(和田ちひろ代表)が、ガイド本「がん!患者会と相談窓口全ガイド」(三省堂)を発行した。全国約160カ所の患者会に加え、約50カ所のインターネット上の患者による交流サイトも紹介する。

 女性のがん、小児のがんのほか、大腸がん、血液がんなど部位ごとに分けて掲載。連絡先、会員数、活動内容などを示した。

 インターネットの普及で年々増加している交流サイトについては、掲載されている情報が信頼できること、双方向で連絡がとれることなどを確認した。

 サイトの広がりで、患者数が少ないがんなどにも、活動が広がってきた。本では、小児脳腫瘍(しゅよう)のなかでも珍しい髄芽腫(ずいがしゅ)、難治がんとされ患者会が乏しかった膵臓(すいぞう)がんなどに特化したサイトも紹介する。

 課題もある。サイトには様々な書き込みがある。自ら患者でもあるスタッフが相談の多さに対応できず、活動規模を小さくする患者会もあるという。和田さんは「これだけ多くの人ががんになる時代では、患者会を社会資源ととらえる視点が必要。活用の仕方やサポートの方法について議論が深まってほしい」と話す。

asahi.com 2007年08月03日

スポンサーサイト

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cancernet.blog89.fc2.com/tb.php/179-33d88b59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

☆ガン予防メルマガ☆

ガンを知ることによって予防するためのメルマガです。 ご登録よろしくお願いします☆

メルマガ登録・解除
がん予防のすすめ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

最近の記事

ブログ検索

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。