がんの勉強部屋☆
がんの最新情報から予防、医療情報まで科学的証拠に基づいた情報を集めまています。いろいろな情報を共有できたらと思っています。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
高用量のビタミンDが癌(がん)リスクを軽減
ビタミンDの摂取量を高めることにより、乳癌(がん)をはじめとする癌リスクが劇的に軽減されることが、米Creightonクレイトン大学(ネブラスカ州)の研究者らによって明らかにされた。

 同大医学看護学教授のKoan Lappe氏らは、研究開始前10年間に癌に罹患していない閉経後の女性1,179人を対象に、カルシウム(サプリメント)1日1,400~1,500mg摂取群、カルシウム+ビタミンD 1日1,100IU(国際単位)併用摂取群、プラセボ摂取群の3群に割り付け、4年間追跡調査を行った。

 4年後、カルシウム+ビタミンD 併用群はプラセボ群に比べ癌の発症リスクが60%低く、カルシウム単独群では47%低かった。また、研究開始時に未診断の癌患者が含まれていたことを考慮して初年のデータを削除し、3年間での結果をみると、併用群の罹患リスクはプラセボ群に比べ77%低くなり、カルシウム単独群では変化はなかった。試験期間中に50人が皮膚以外の癌に罹患、乳癌が最も多く、肺癌や大腸癌もみられた。

 他の研究でも、高用量ビタミンDとカルシウムの併用により閉経前女性の3分の1で乳癌リスクが低減することが示されている。Lappe氏らは、ビタミンDの高用量摂取が1型糖尿病や高血圧症などと同様に、多くの種類の癌リスクを軽減することが明らかにされていることから、現状のビタミンDの1日推奨摂取量(51-70歳成人では400IU)を改め、閉経後女性では1日1,100IUまで高めることを進言している。

 これに対し、米国癌協会(ACS)スポークスマンのMarji McCullough氏は「研究結果は興味深いが、被験者数が少なく、確実な結論を下す前に再現性の確認が必要であり、癌リスクの軽減目的でビタミン摂取を勧めるには時期尚早」と述べている。研究報告は、米医学誌「American Journal of Clinical Nutrition」6月号に掲載された。(HealthDay News 6月8日)

スポンサーサイト

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cancernet.blog89.fc2.com/tb.php/147-e3bc9a75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル

病院などで処方されるサイズの薬を飲み込むのがやっとの人にはつらいかもしれません。ただ、私は難なく飲み込めるので、重宝してます。【良い点】 必要とされる各種ビタミン・ミネラルといった栄養素が、多すぎず少なすぎず適量で含まれています。一日二粒飲むだけで一日... サプリメントのレビュー【2007/10/31 06:43】

☆ガン予防メルマガ☆

ガンを知ることによって予防するためのメルマガです。 ご登録よろしくお願いします☆

メルマガ登録・解除
がん予防のすすめ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

最近の記事

ブログ検索

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。