がんの勉強部屋☆
がんの最新情報から予防、医療情報まで科学的証拠に基づいた情報を集めまています。いろいろな情報を共有できたらと思っています。
12 | 2007/01 | 02
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
食物と癌(がん)リスクの関係に新たな知見
食生活によって一部の癌(がん)の発症リスクが左右される可能性が複数の研究で示され、ボストンで開催された米国癌学会(AACR)主催の癌予防研究に関する国際シンポジウムで発表された。
 米国立癌研究所(NCI)のLarissa Korde博士らによる研究では、幼少期に多量の大豆を摂取した女性で、乳癌発症リスクが有意に低いことが示された。この研究は、アジア系米国人の女性1,563人を対象としたもので、597人が乳癌を発症しており、966人は発症していなかった。幼少期の大豆の摂取量が最も多いグループ(週平均2食強)は、最も少ないグループ(週平均4分の1食)に比べ、乳癌発症リスクが58%低いことがわかったという。また、思春期および成人後の大豆摂取量が最も多いグループでも、乳癌リスクが25%低かった。

 アジア人は米国人に比べ大豆の消費量が多く、乳癌発症率は米国人の4分の1から7分の1である。しかしアジア人が米国に移住すると、わずか3世代で米国人の乳癌発症率に追いついてしまう。Korde氏らは、対象女性の食習慣について質問票による調査を実施し、近隣にアジア人が多く住むか、アジア系の食料品店で買い物をするか、アジアの新聞を読むかなどといった生活様式に関する各因子について問診を行った。さらに対象者の母親255人にも情報を求めた結果、大豆が最も重要な因子であることを突き止めたという。

 大豆がどのように乳癌リスクに影響しているのかは正確にはわかっていないが、大豆に含まれるイソフラボンにはエストロゲン様の保護作用があり、若年期にこれに曝露すると乳房組織の発達に変化が生じ、発癌感受性が低くなることが動物モデルで示されている。また、ホルモン様物質にさらされる時期も、乳癌リスクを大きく左右することがわかっている。

 同シンポジウムでは、週5回以上魚を食べる男性は、週1回未満しか食べない男性に比べ、大腸癌(直腸結腸癌)を発症するリスクが40%低いという別研究による知見も報告された。喫煙者280人を対象とした別の研究では、ビタミンEの豊富な食事を摂っている人は喫煙に起因する癌の発症リスクが低いことも示された。ただし、この効果がみられたのは男性のみで女性にはみられず、その理由は不明だという。

[2006年11月16日/HealthDay News]

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
スポンサーサイト
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
卵子凍結保存、未婚女性も容認・産科婦人科学会
日本産科婦人科学会は22日、東京都内で倫理委員会小委員会を開き、民間の不妊治療施設が申請していた、がん治療で不妊になる恐れがある未婚女性の卵子を治療前に凍結保存する臨床研究を条件付きで容認した。将来の妊娠・出産に道を開くのが狙い。早ければ2月にも白血病などの血液系がんの患者を対象に、卵子の凍結保存が始まる見通しとなった。
 申請していたのは約130の民間不妊治療施設でつくる「A―PART日本支部」(支部長・宇津宮隆史セント・ルカ産婦人科院長)。所属する北海道、宮城、東京、石川、愛知、大阪、鳥取、愛媛、大分の9施設が3年で約300人の卵子を保存する予定という。

 対象は15歳以上の未婚女性。患者本人の卵子を、抗がん剤や放射線の本格的な治療前に採取・凍結保存し、将来、治療後に夫の精子と体外受精をする。


[2006年1月23日/日本経済新聞 朝刊]

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
大腸癌(がん)リスクは男性の方が高い
大腸癌(がん)の原因となるポリープは、女性よりも男性に多くみられることを示したポーランドのグループによる研究が、「New England Journal of Medicine」11月2日号に掲載された。
 大腸癌検診ガイドラインの修正を提案しているが、米国の専門家は異議を唱えている。大腸癌(結腸直腸癌)はほかの癌と異なり、前癌状態のポリープを検知することにより、かなり予防できる。米国消化器病学会(ACG)では現在、平均的リスクをもつ人の場合、大腸内視鏡検査を50歳から受けるよう推奨しているが、男女での区別はない。内視鏡検査およびその他の検査法の利用により、米国では過去20年で大腸癌が有意に減少しているという。

 今回の研究は、マリア・スクロドフスカ‐キュリー記念癌センター(ワルシャワ)の研究チームが、ポーランドでの大腸内視鏡を用いた大腸癌検診プログラムに参加した40~66歳の被験者5万人強のデータを調べたもの。40~49歳の被験者は大腸癌の家族歴がある人で、ほかは平均的リスクの人である。50~66歳では約6%、40~49歳では3.4%に、進行した新生物(大腸の病変またはポリープ)がみられ、男性では女性よりも73%多くみられた。この結果に基づいて、研究グループは、大腸癌の検診に関するガイドラインを、年齢やリスクだけでなく性別も考慮したものに修正することを提案している。

 しかし、米Northern Westchester病院(ニューヨーク州)のJerald Wishner博士は、大腸癌やポリープは女性にも非常に多いので、男性に集中して検診を行うのは問題だと指摘。米テキサスA&M大学医学部のAndrejs Avots-Avotins博士も、わずかな差はあっても大腸癌は男女均等に発症するもので、男女を区別するべきではないと述べている。

 またWishner氏は、大腸癌の罹患率や食生活が異なるポーランドの研究を米国人に当てはめるのは難しく、費用対効果の面でも、癌に関しては、最善の方法と費用の安い方法とを量りにかけるべきではないという意見だ。Avots-Avotins氏は、大腸内視鏡検査の供給には限りがあり、この知見がリスク階層化の一つの手段となることは認めているが、ガイドライン変更の必要性についてはやはり疑問を呈している。

[2006年 11月1日/HealthDay News]

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
遺伝子に基づく癌(がん)研究は解釈ミスが多い
「遺伝子マイクロアレイ」と呼ばれる方法に基づいた癌(がん)研究の多くで、その分析方法や結論に重大な不備があることが示され、米医学誌「Journal of the National Cancer Institute」1月17日号に掲載された。これらの研究結果を癌患者治療のベースに用いた場合に、有害な結果を招く恐れもある。
 マイクロアレイとは、1枚のスライドガラス上で数千の遺伝子の発現状態を一度に調べることができるツール。癌研究では、ある腫瘍に独特の遺伝子パターンの調査、新しい薬剤標的の発見、治療法選択のための腫瘍の分類などに利用されているが、得られるデータが膨大で、解釈を誤りやすいという問題もある。

 今回、米国立癌研究所(NCI)のRichard M. Simon氏らは、マイクロアレイによる遺伝子のプロファイリング(解析)結果を、病状などの医学的結果と比較した研究のうち、2004年末までに発表された90研究について調べた。

 2004年に発表された42研究の統計学的方法および報告に着目したところ、半数の研究で1つ以上の基本的な誤りが認められた。遺伝子と転帰(病気が経過し別の状態になること)との関連についての23研究のうち9研究では、偽陽性の結果を招く不適切な方法が用いられていた。13研究では、結果の分類について裏付けのない主張がされていたほか、転帰を予測する28研究のうち12の研究で予測の正確さの評価に偏りがみられた。

 この問題を解決するには、生物学者、医師、統計学者の協調が必要だが、異なる分野どうしの学際的協力は依然としてうまくいっていない。もっと統計学者が関与することが必要だとSimon氏は述べている。

 米国癌協会(ACS)のLen Lichtenfeld博士によると、遺伝子データは癌の治療法決定に大きく関わっており、例えば乳癌患者が補助化学療法を受けるかどうかの決定にも利用されている。しかし医師の多くは遺伝子データの評価にあまり精通しておらず、論文の著者、査読者および掲載誌そのものに依存している。優れた医学専門誌でも不正確なデータの解釈をそのまま掲載しているようだという。

[2007年1月18日/HealthDay News]

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
カルシウムサプリメントの結腸直腸腺腫の再発リスクに対する防御効果
これまでに、カルシウムサプリメントが結腸直腸腺腫の再発リスクの減少に効果があることが分かっています。しかし、サプリメント投与の中断後、どの程度の期間効果が続くかは分かっていませんでした。
今回の研究で、どの程度、効果が持続するかについて調べられています。

<方法>
カルシウムサプリメントのポリープに対する効果の研究として、1988年から1992年までの4年間、無作為割付試験によって、結腸直腸腺腫の前歴のある人たちを対象に、1200mg/dayのカルシウムを投与するグループとプラセボのグループで行われた。

<結論>
カルシウムサプリメントの結腸直腸腺腫の再発リスクに対する防御効果は、サプリメントの持続的投与を止めたあとでも、積極的な処置の中断の後、5年間延長されることが分かった。


<出典>
JNCI Journal of the National Cancer Institute 2007 99(2):129-136

-----------------------------------------------
詳細は以下に↓


[READ MORE...] ☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)

テーマ:ガン治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
胃がん予防にはビタミンC,E,ベータカロチンの効果はなかった
胃がんは世界中でもっとも一般的な悪性癌の一つです。
また、胃がんは胃の粘膜が正常細胞から癌細胞に徐々に変化していくことにより発生することが示されています。

これまでの疫学研究から、食事の中で野菜や果物の摂取の多い場合、胃がんになりにくいことが示されていて、
その効果は、おそらく、抗酸化作用をもつビタミン類の効果だと考えられています。

今回の研究では、抗酸化作用をもつビタミン類(ビタミンC,ビタミンE,ベータカロチン)の胃がん発生抑制への効果を調査したものです。

方法としては無作為二重盲検試験で、胃がんの発生リスクの高いベネゼエラのタチラ州で行われました。

研究は、無作為に
ビタミンC 750mg/day
ビタミンE 600mg/day
ベータカロチン 18mg/day
を与えるグループとプラセボのグループで3年間行われました。


結論として、
抗酸化作用をもつサプリメント(ビタミンC,ビタミンE,ベータカロチン)は、胃がんのコントロールに効果がないという結果を得ました。
またこの結果は、以前の研究結果と一致しています。

<出典>

JNCI Journal of the National Cancer Institute 2007 99(2):137-146

------------------------------------------------
詳しくは以下にあります↓

[READ MORE...] ☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)

テーマ:医療関連ニュース - ジャンル:ヘルス・ダイエット

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
食物と癌(がん)リスクの関係に新たな知見
食生活によって一部の癌(がん)の発症リスクが左右される可能性が複数の研究で示され、ボストンで開催された米国癌学会(AACR)主催の癌予防研究に関する国際シンポジウムで発表された。
 米国立癌研究所(NCI)のLarissa Korde博士らによる研究では、幼少期に多量の大豆を摂取した女性で、乳癌発症リスクが有意に低いことが示された。この研究は、アジア系米国人の女性1,563人を対象としたもので、597人が乳癌を発症しており、966人は発症していなかった。幼少期の大豆の摂取量が最も多いグループ(週平均2食強)は、最も少ないグループ(週平均4分の1食)に比べ、乳癌発症リスクが58%低いことがわかったという。また、思春期および成人後の大豆摂取量が最も多いグループでも、乳癌リスクが25%低かった。

 アジア人は米国人に比べ大豆の消費量が多く、乳癌発症率は米国人の4分の1から7分の1である。しかしアジア人が米国に移住すると、わずか3世代で米国人の乳癌発症率に追いついてしまう。Korde氏らは、対象女性の食習慣について質問票による調査を実施し、近隣にアジア人が多く住むか、アジア系の食料品店で買い物をするか、アジアの新聞を読むかなどといった生活様式に関する各因子について問診を行った。さらに対象者の母親255人にも情報を求めた結果、大豆が最も重要な因子であることを突き止めたという。

 大豆がどのように乳癌リスクに影響しているのかは正確にはわかっていないが、大豆に含まれるイソフラボンにはエストロゲン様の保護作用があり、若年期にこれに曝露すると乳房組織の発達に変化が生じ、発癌感受性が低くなることが動物モデルで示されている。また、ホルモン様物質にさらされる時期も、乳癌リスクを大きく左右することがわかっている。

 同シンポジウムでは、週5回以上魚を食べる男性は、週1回未満しか食べない男性に比べ、大腸癌(直腸結腸癌)を発症するリスクが40%低いという別研究による知見も報告された。喫煙者280人を対象とした別の研究では、ビタミンEの豊富な食事を摂っている人は喫煙に起因する癌の発症リスクが低いことも示された。ただし、この効果がみられたのは男性のみで女性にはみられず、その理由は不明だという。

[2006年11月16日/HealthDay News]

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)


☆ガン予防メルマガ☆

ガンを知ることによって予防するためのメルマガです。 ご登録よろしくお願いします☆

メルマガ登録・解除
がん予防のすすめ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

最近の記事

ブログ検索

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。