がんの勉強部屋☆
がんの最新情報から予防、医療情報まで科学的証拠に基づいた情報を集めまています。いろいろな情報を共有できたらと思っています。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
肝癌(がん)治療に大きな前進
分子標的薬剤sorafenibソラフェニブ(商品名:Nexavar、バイエル社、※日本国内では腎細胞癌の適用承認申請中)に、進行肝(細胞)癌への高い効果がみられるとの臨床試験SHARP trialの結果が、シカゴで開催された米国癌治療学会(ASCO)年次集会で発表された。進行肝癌患者に同薬を投与したところ、投与しない患者に比べ生存期間が44%延長したという。
 研究を行った米マウントサイナイ医科大学(ニューヨーク)のJoseph Llovet博士によると、肝癌患者の生存期間を延ばす全身的治療はこれが初めてだという。30年にわたる研究と100を超える無作為化対照試験を経て、肝癌患者の新たな標準治療となるべきものがようやく登場したことになる。米国癌協会(ACS)のLen Lichtenfeld博士も、この治療が医療の標準を変えるだろうと述べている。

 肝癌は世界の癌による死亡原因の第3位で、診断から1年以内に死亡する症例も多い。肝癌の40%(アジアおよびサハラ以南のアフリカでは80%)は、進行した段階で診断される。外科手術や放射線療法、化学療法が行われるが、薬剤による全身的治療(血流中に薬剤を入れる治療)はこれまで存在せず、標準的治療法が確立されていなかった。sorafenibは錠剤型の薬剤で、米国ではすでに進行腎癌治療薬として承認されている(※6月中に肝癌への適用が承認される見込み)。同学会では、同薬のほかにもいくつかの癌への試験結果が発表された。

 今回の研究では、進行肝癌患者602人を、sorafenib 400mgの1日2回投与群とプラセボ(偽薬)群に無作為に割り付け、6カ月間投与。sorafenib群の生存期間(中央値)が10.7カ月であったのに対して、プラセボ群は7.9カ月、癌が進行するまでの期間は、sorafenib群では5.5カ月、プラセボ群では2.8カ月であった。極めて良好な結果が得られ、試験は早期に終了された。副作用は両群で同程度であったという。

 同学会では、肝転移のある大腸(結腸)直腸癌患者で、手術前後に併用化学療法(FOLFOX4)を実施すると肝腫瘍の再発リスクが30%低下することも示された。研究を行ったAmbroise Pare病院(パリ)のBernard Nordlinger博士は、この方法が肝転移のある大腸直腸癌患者での新しい標準治療となると述べている。現在、年間100万人が大腸直腸癌と診断され、半数に肝転移がみられる。手術により肝腫瘍を除去しても、5年間生存率は30~35%にとどまっている。

[2007年6月4日/HealthDay News]

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
スポンサーサイト
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
健康食品で鉄分過剰摂取、C型肝炎に悪影響も
ウコン、クロレラなどの健康食品の一部に、表示のないまま平均摂取量を上回る鉄が含まれており、摂取していたC型慢性肝炎患者の病状改善を妨げるケースのあることが、垣内(かいと)雅彦三重大准教授(肝臓内科)らの研究で分かった。

 25日発売の「読売ウイークリー」(7月8日号)で詳報する。

 鉄は健康なら過剰摂取の心配はない。だが、国内に約200万人いるC型肝炎患者の場合、肝臓に蓄積する恐れが高い。過剰な鉄は、活性酸素を作り、肝細胞を壊したり、がん化を進めたりする。垣内准教授らは、同大付属病院で治療中のC型肝炎患者が日ごろ摂取している健康食品67品について鉄含有量を調べた。その結果、クロレラ商品(錠剤)の一つでは、100グラム中138・3ミリ・グラムで、1日当たりの摂取量を計算すると11・1ミリ・グラムとなり、成人男性の1日の平均摂取量の8・1ミリ・グラムを上回った。

 ケール商品(錠剤)の一つで100グラム中127・2ミリ・グラム、マルチビタミン剤で同118・7ミリ・グラムというケースがあり、秋ウコンのある商品でも同22・4ミリ・グラムという結果が出た。垣内准教授らが目標に掲げるC型肝炎患者の鉄摂取量は「1日6ミリ・グラム以下」。健康食品11品で鉄を1日推計8・5ミリ・グラム取っていた患者は、健康食品をやめただけで肝機能の数値が改善したという。

(2007年6月24日 読売新聞)

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
インスタントコーヒーは肝がんの予防になるかもしれない
肝がんに対するコーヒーの効果を実験動物(ラット)で検証した。

これまでに試験管内での実験で、コーヒーが肝がん細胞の拡散や浸潤を抑えることが分かっていた。
今回、そのメカニズムを調べ、動物レベルでのがんの成長や転移、異常なリポ蛋白の挙動に対するコーヒーの効果を調べた。

低濃度(0.3mg/ml)コーヒーにより、細胞周期のS期が長くなり(増殖が遅くなった)、
高濃度(0.6-1.2mg/ml)コーヒーにより、細胞死(アポトーシス)が起こった。

コーヒーは活性酸素の除去効果があり、がん細胞の浸潤能力を打ち消していた。

肝がん細胞を持つラットで、カゼイン入りのえさとコーヒー入りのえさを2週間与えた組を比較すると、コーヒー入りのえさを食べたラットは、明らかにがん細胞の成長が減少し、肺やリンパ節への転移が減る傾向にあった。
また、コーヒー入りのえさは、HDLコレステロールを増やし、VLDL,LDLコレステロールを減らす働きがあった。

コーヒーは、がん細胞の細胞周期を遅らせ、細胞死を促す働きがあり、
肝がんの浸潤やがん細胞の成長や転移を防ぐ働きがあると考えられる。

<出典>
Journal of nutritional science and vitaminology
Vol.50, No.1(20040200) pp. 38-44
日本ビタミン学会 ISSN:03014800
書誌情報

Inhibitory Effect of Coffee on Hepatoma Proliferation and Invasion in Culture and on Tumor Growth, Metastasis and Abnormal Lipoprotein Profiles in Hepatoma-Bearing Rats
MIURA Yutaka 1 ONO Kanako 2 OKAUCHI Rieko 3 YAGASAKI Kazumi 4
1Department of Applied Biological Science, Tokyo Noko University 2Department of Applied Biological Science, Tokyo Noko University 3Department of Applied Biological Science, Tokyo Noko University 4Department of Applied Biological Science, Tokyo Noko University
キーワード coffee tumor growth metastasis invasion serum lipoproteins

http://ci.nii.ac.jp/naid/110002703962/


☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
肝胆道がん患者の抑うつと免疫、生存について
101人の肝胆道がん患者について、
抑うつ症状を評価し、患者のストレス;アルコール、タバコ、薬剤の使用状況;睡眠状況;運動;社会的サポート;NK細胞数や細胞殺能力;血漿中のインターロイキン4,5、TNFα、インターフェロンγを測定した。

患者の中で抑うつ診断基準による抑うつ度が16以上(治療が必要なレベル)の人は、37%であり、社会人口学的データと診断基準により、生存期間が予測できた。
特に血管に浸潤している人では予測がより精密だった。

また、抑うつ症状が16以上の値であった23人の患者さんは、
NK細胞の数が16以下の患者に比べ、かなり少なかった。

NK細胞数は生存期間と関連があり、今回、NK細胞数と抑うつ症状に関連があることが分かったので、
抑うつ症状と生存期間には関係があることが示唆される。

<出典>
Depression, Immunity, and Survival in Patients With Hepatobiliary Carcinoma

Jennifer L. Steel, David A. Geller, T. Clark Gamblin, Marion C. Olek, and Brian I. Carr

J Clin Oncol 25:2397-2405, 2007




☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
薬を併用 進行がん消えた
手術、内科的治療など様々な方法がとられる肝臓がん治療。だが、2000年秋、横浜市の自営業小野寺正典さん(79)の肝臓に見つかったがんは、やっかいだった。

 がんは、門脈という血管の周辺に広がっていた。胃や腸で吸収した栄養分が集まる重要な血管で、この門脈が流れなくなると、肝臓の働きが失われる。治療で傷つければ、命にかかわる可能性があった。

 針を刺してアルコールや熱で殺す治療でも、がんに栄養を送る血管をふさいで兵糧攻めにする「塞栓(そくせん)術」でも、手を出せない。肝機能の悪化が進み、手術もできなかった。

 打つ手はないのか。小野寺さんに、主治医の杏雲堂病院(東京・千代田区)肝臓科部長、小尾(おび)俊太郎さんは「助かる可能性はあります」と励ました。

 肝炎ウイルス治療薬のインターフェロンと、抗がん剤の併用で効果があった、との報告が当時あり、小尾さんが加わる東大病院グループも治療を試み始めたところだった。

 確実に効く保証はない。だが、「この治療にかけるしかない」。小野寺さんは、一も二もなく決断した。

 入院して2週間、5FUという抗がん剤を週5日、足の付け根の血管から肝臓の動脈まで通した管で注入。並行してインターフェロンを1日おきに週3日、皮下注射した。退院後もさらに2週間、インターフェロン注射を続けた。

 治療には、発熱や吐き気といった副作用も強い。小野寺さんは吐き気でほとんど食事が取れず、68キロ・グラムあった体重が54キロ・グラムに減った。それでも、何とか最後まで乗り切った。

 1週間後、腫瘍(しゅよう)マーカーと呼ばれる血液検査の数値が劇的に低下した。4か月後のCT(コンピューター断層撮影)検査では、門脈に広がったがんが消えていた。

 その後、肝臓の別の場所に何度か小さながんができたが、その都度、針を刺して電気の熱で焼くラジオ波で治療した。現在、会社の経営の一線は息子たちに任せ、悠々自適の毎日だ。

 小尾さんらが今年5月までに、進行がん患者262人にこの治療を行ったところ、14%の患者のがんが消え、がんが縮小した場合を含めると48%に効果があった。生存率は治療後1年で29%、3年では7%と厳しいが、それでも治療しなかった場合をほぼ2倍上回っていた。

 門脈などに広がった進行がんへは、放射線治療も試みられている。確立した治療法がない進行がん。新しい手法の模索が続く。

肝臓がんの放射線治療 肝臓全体に照射する通常の放射線では、肝臓への影響が大きいため、通常は用いられてこなかった。だが、重粒子線や陽子線など、がんの部位だけに集中して照射する放射線治療が登場し、他に治療法のない進行がんへの治療が試みられている。

(2006年8月1日 読売新聞)

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
肝臓がん 肝硬変 色変化で予兆発見
MRI(磁気共鳴画像)検査を受けるだけで、血液検査でも分からない「肝臓の小さな異常」をパソコン画面に表示できるシステムを、岐阜大学医学部の紀ノ定保臣教授(医療情報)らの研究グループが開発した。肝臓内の細胞の正常・異常を色分けして分かりやすく表示できるのが特徴。肝臓がんや肝硬変につながる体の異変を早期にキャッチして、治療に役立てる。研究成果は、9月に神戸市で開かれる日本磁気共鳴医学会で発表する。

MRI新システム開発
 このシステムは、通常のMRI検査を行う装置に、電波の一種のラジオ波「MTパルス」を追加で照射するプログラムを設定し、MRI検査だけの場合と、MTパルスを照射した場合の画像を比較してカラー画像化することで、肝臓内の細胞の状態の変化をつかむ。

 MTパルスは、肝臓内のたんぱく質などの動きをとらえる。細胞の働きが正常ならば、パソコン画面では赤色で示されるが、働きが失われ始めた細胞に当たると、肝臓がんや肝硬変などの予兆を示す黄色や緑色に表示され、働きが失われると青色に変化する。このシステムで得られた診断結果と、がん患者ら17人の血液データを付き合わせたところ、大半が一致した。

 予防医学として多くの情報を提供できるシステムだが、通常のMRI検査とほとんど同じ30分程度の時間で検査が受けられるのも特徴だ。

 共同研究者の長田真二講師は、「MRI検査だけでは、白黒の画面から、わずかな変化を見つけなければならず、熟練した医師でないと難しい。カラー画像だと、悪化している部分が明確に分かり、手術の時にどこの部位を切ればいいのか、外科分野を飛躍的に進歩させる」と説明する。

 滋賀医科大学MR医学総合研究センターの犬伏俊郎教授(日本磁気共鳴医学会会長)の話
 「放射線を使わないMR画像法で、細胞内の分子の働きによる肝機能を評価できることを明らかにした。肝臓の検査を受ける患者にとっても、負担にならず、精度の高い検査法になる。今後の研究の発展に期待したい」

(2007年5月1日 読売新聞)


☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
C型肝炎ウイルスを抑制する食品成分 岡山大グループが発見
リノール酸、βカロチン、ビタミンD2
 食品に含まれるリノール酸やβ(ベータ)カロチン、ビタミンD2に、C型肝炎ウイルス(HCV)が肝細胞内で増殖するのを抑える効果があることを、岡山大の池田正徳・准教授(ウイルス学)と矢野雅彦研究員(肝臓病学)らが見つけ、米医学専門誌に発表した。

 グループは、HCVの遺伝子(RNA)が増えやすくしたヒトの肝がん細胞株に、ビタミンやミネラルなど46種類の食品成分を別々に加え、遺伝子の量が減るかどうかを調べた。その結果、リノール酸など3成分が、HCV遺伝子の数を大幅に減らすことを確認した。インターフェロンを併用すると、効果が高まった。

 HCV感染の治療は、インターフェロンと抗ウイルス薬リバビリンの併用が主流だが、貧血などの副作用があるため、服用できない高齢者などに対する治療法が求められている。

(2007年4月19日 読売新聞)

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
C型肝炎ウイルスからがんに進む仕組みを解明
C型肝炎ウイルス(HCV)が引き起こした慢性肝炎が肝臓がんに進行する仕組みを、人やマウスの細胞を用いた実験で京都大の丸沢宏之助教(消化器内科)らのグループが解明した。丸沢助教は「がん予防や治療に新たな道が開ける」としている。14日始まる米国がん学会年次総会で発表する。

4月12日3時3分配信 毎日新聞


☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
夫のB型肝炎 子にもうつる?
最近、義母がB型肝炎に感染していることを知りました。夫も母子感染で感染しているようです。いずれは子供が欲しいと思っていますが、私も子供も感染してしまうのでしょうか。(29歳女性)

生後すぐにワクチン接種を

 B型肝炎ウイルス(HBV)に感染すると、急性肝炎や慢性肝炎を発症することがあります。急性肝炎では発熱や黄だんがみられ、慢性肝炎になると、将来、肝硬変や肝がんにつながる恐れがあります。このような経過の違いは、感染時の年齢、ウイルス量などで決まります。

 国内で感染経路として問題になるのは、性行為、母子間、家族内感染です。夫婦間では、ご主人のウイルス量と結婚してからの年数により、感染の可能性が異なります。ご主人のウイルス量が多ければ、結婚から5年以内に感染しますが、多くは自然に治り、ウイルスに対する免疫がつきます。ただし、中には急性肝炎を起こすこともあります。

 まず、ご自身が血液検査を受け、感染の有無を調べてください。感染の形跡がなければ、B型肝炎ワクチンの接種で感染を予防できます。また、既に感染して免疫があると分かったら、ワクチン接種の必要はありません。

 赤ちゃんへの母子感染は生まれてすぐにワクチンを接種することで防ぐことが可能です。このほか、唾液(だえき)や血液を介して起こる父子感染でも、生後1歳ころまでに感染すると、慢性化する恐れがあります。これも、赤ちゃんにワクチンを接種することで予防できます。外国では、赤ちゃん全員にこのワクチンを接種している国もあり、安全性は確認されています。心配せずに、子供さんを産んでください。

 藤澤 知雄 済生会横浜市東部病院こどもセンター部長(小児肝臓学)(横浜市)

(2007年4月15日 読売新聞)

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
中外製薬、C型慢性肝炎治療向けに抗ウイルス剤「コペガス錠200mg」を販売
C型慢性肝炎治療における抗ウイルス剤「コペガス(R)錠200mg」の
薬価基準収載ならびに新発売のお知らせ


 中外製薬株式会社[本社:東京都中央区/社長:永山治](以下、中外製薬)は本日、C型慢性肝炎治療に使用される抗ウイルス剤リバビリン-販売名「コペガス(R)錠200mg」-(以下、「コペガス(R)」)が薬価基準に収載されたことを受け、同日付けで販売を開始することをお知らせします。薬価は、1錠806.20円です。

 「コペガス(R)」は、F.ホフマン・ラ・ロシュ社(本社:スイスバーゼル市/会長兼CEO:フランツB.フーマー)で、C型慢性肝炎に対して「ペガシス(R)」と併用することを目的に開発された抗ウイルス剤です。日本においては、2007 年1月26 日にC型慢性肝炎治療薬「ペガシス(R)」との併用療法として、製造販売承認を取得し、このたび薬価収載されました。

 「コペガス(R)」は、以下の特長を有しています。

1. 国内第III相臨床試験において、ジェノタイプ1b かつ高ウイルス量(HCV-RNA量が100KIU/mL以上)(以下、高ウイルス量)でインターフェロン未治療例に対する「ペガシス(R)」と「コペガス(R)」併用群(以下、併用群)の48 週間投与におけるウイルス学的効果(投与終了後24週時のHCV-RNA陰性化率)(以下、ウイルス学的効果)は59.4%で、「ペガシス(R)」単独群の有効率24.0%に比べて有意に高いウイルス学的効果を示しました。

2. 最も治療が困難とされているジェノタイプ1bかつ高ウイルス量のインターフェロン無効例に対しても、48週間投与にて、併用群は51.4%のウイルス学的効果が認められました。

3. 「コペガス(R)」の剤形は長楕円形のフィルムコート錠です。

4. 併用群で承認時までに発現した主な副作用は、発熱146件(73.4%)、注射部位反応142件(71.4%)、倦怠感138件(69.3%)等でした。臨床検査値異常は、白血球減少184件(92.5%)、好中球減少178件(89.4%)、ヘモグロビン減少169件(84.9%)等でした。

 「ペガシス(R)」と「コペガス(R)」の併用療法は、日本で最も多いジェノタイプ1bかつ高ウイルス量例と、治療が困難とされているインターフェロン既治療例への投与が可能となっています。

 中外製薬ではこのたびの「コペガス(R)」の発売で、「ペガシス(R)」との併用療法が可能となることにより、C型慢性肝炎の治療に一層の貢献ができるものと考えています。

以上


 「ペガシス(R)」ならびに「コペガス(R)」は、F.ホフマン・ラ・ロシュ社(スイス)の登録商標です。

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
発症1年前に肝がんを予測 鹿大大学院教授ら新技術
肝細胞がんを、発症の1年前に高い確率で予測できる新しい診断技術を、坪内博仁・鹿児島大大学院教授と宮崎大医学部の研究グループが開発した。診断は血液1滴で可能だという。11日から開かれる米肝臓病学会で発表する。
 肝細胞がんの早期診断は現在、超音波検査と血液中の腫瘍マーカー(がんの目印)測定の組み合わせが中心だが、より手軽で精度の高い発症予測が可能になり、治療の成功率が高まると期待される。
 研究を支援した宮崎県産業支援財団によると、研究グループは肝細胞がんの患者や健康な人ら計約110人の血液を調べ、患者だけに見られたり、量が多かったりするタンパク質6種類を特定した。診断は、この6種類の量を専用の装置で解析し、基準値と比較して発症の危険性を判断する。
(共同通信) - 11月10日23時28分更新

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)

テーマ:医療・健康 - ジャンル:ニュース



☆ガン予防メルマガ☆

ガンを知ることによって予防するためのメルマガです。 ご登録よろしくお願いします☆

メルマガ登録・解除
がん予防のすすめ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

最近の記事

ブログ検索

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。