がんの勉強部屋☆
がんの最新情報から予防、医療情報まで科学的証拠に基づいた情報を集めまています。いろいろな情報を共有できたらと思っています。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
膵臓がんに進歩:マーカーに対する特許・診断応用など
新規膵臓がんマーカーに対する抗体ならびにその診断応用に関する特許出願について


 株式会社トランスジェニック(代表取締役社長:是石匡宏、熊本県熊本市)と国立がんセンター(総長:廣橋説雄、東京都中央区)は、2008年10月14日、新規膵臓がんマーカーに対する抗体ならびにその診断応用に関する特許を共同出願しましたので、お知らせいたします。

 当社では、様々な疾病を対象として、抗体を用いた新たな診断方法の研究開発を進めています。こうした取り組みの一環として、膵臓がんの早期診断の実用化を目的として、2007年12月より国立がんセンターと共同研究を進めてまいりました。

 この共同研究において、当社は、国立がんセンター研究所化学療法部尾野雅哉室長、山田哲司部長らが発見した膵臓がんの診断に有望な新規腫瘍マーカー(以下本マーカー)に対する抗体をGANPRマウス技術を用いて作製し、本マーカーの測定系の開発に成功しました。本発明により、膵臓がん患者の血漿中に存在する本マーカーを簡便かつ正確に測定することが可能になります。
 このたび、本共同研究について期待どおりの成果を得ることができ、今後の開発・実用化に向けて知的財産の確保を図るべきであると判断し、国立がんセンターと共同で特許出願することにしました。

 引き続き国立がんセンターとの共同研究を継続し、膵臓がんの早期診断に有用な簡易測定システムの開発や診断薬メーカへのライセンスなど、実用化に向けた取り組みを進めてまいります。

 なお、現時点においては、当該特許出願が当社の業績に及ぼす影響は未定であります。今後、重大な影響を与えることが判明した場合には速やかにお知らせいたします。


ご参考:

◇膵臓がんについて
 現在わが国のがんによる死亡者数は年間32万人を超えています。なかでも膵臓がんは、肺・胃・大腸・肝臓に次ぎ、その死亡者数は約2万2千人と約7%を占めています。(出所:「がんの統計2007年版」財団法人がん研究振興財団)この膵臓がんの特徴は、早期において症状が乏しいことから早期発見が非常に困難であることや、進行が早く早期の段階から他の臓器への転移することが挙げられます。これらの点からも、膵臓がんを克服するためには治療ができる早期の段階での発見が重要であるとされています。

◇膵臓がんの診断方法について
 近年、超音波検査やCT検査など画像検査が用いられるようになったものの、より簡便に確実に早期の膵臓がんを検出する診断方法の確立が望まれています。
 現在、簡便な診断方法としては、血液中の腫瘍マーカー(CA125、CA19-9、CEAなど)の測定が用いられていますが、これらは偽陽性となることも多いことから、膵臓がん特異的な腫瘍マーカーを用いた診断検査法の確立が待ち望まれています。


以上



☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
スポンサーサイト

テーマ:ガン治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
膵癌(がん)の早期診断を可能にする新検査法
早期の膵癌(がん)を安全かつ正確に検知できる可能性が小規模予備研究で示され、医学誌「Clinical Cancer Research」8月1日号で報告された。内視鏡生検により採取した十二指腸の細胞を、光散乱を用いて検査すると、膵癌がある場合とない場合では、違った散乱効果を示すという。
 研究を率いた米ノースウェスタン大学(イリノイ州エバンストン)のVadim Backman氏は、この方法によって、膵癌の家族歴をもつ患者がリスクなしに毎年検査を受けることができるようになる可能性もあると述べている。膵癌アクションネットワーク(PanCAN)のJulie Fleshman氏も、さらに詳しい研究が必要であるとしつつも、この検査が患者にとって重要なツールとなる可能性に期待を示している。

 オペラ界の大スター、ルチアーノ・パヴァロッティ氏が現在闘病していることでも知られる膵癌は、症状が現れたときにはすでに他の臓器に転移していることが多く、5年生存率は5%未満、3人に1人は診断から1年以内に死亡する恐ろしい疾患である。スキャン技術では早期の膵癌を発見できない上、生検や穿刺(せんし)などの侵襲性の高い検査では重篤な合併症を来すリスクが20%以上もあり、扱いが極めて難しい臓器であるとされる。

 研究チームは、光拡散による技術を用いて、直腸生検で採取した検体から隣接する結腸の早期癌を検知できることをすでに突き止めていた。このことから、膵臓のすぐ近くに位置し、生検採取の容易な十二指腸に着目。51人の被験者から、内視鏡生検により十二指腸の組織を採取した。被験者の一部は、さまざまな病期の膵癌をすでにもつ患者である。採取した細胞に、2種類の光拡散検査を実施した結果、早期および後期の膵癌を100%検知することができた。数例の偽陽性があったが、これが単なる間違いなのか、将来その被験者が膵癌を発症するリスクが高いことを示すものなのかはわかっていない。

 Backman氏らは、この検査はあくまでも膵癌の家族歴をもつ人を対象とするものだと強調している。女性のマンモグラム(乳房X線検査)や男性のPSA(前立腺特異抗原)検査にように広く一般に実施できる膵癌検査の実現はまだ遠いとFleshman氏はいう。Backman氏のチームは、この光散乱検査についてすでに200人以上を対象とする大規模試験に取り組んでいる。膵癌とその他の良性疾患を鑑別する上での有用性を検討するほか、家族歴のある人とない人の比較も行う予定だという。Fleshman氏は、この検査の可能性に大きな期待を寄せる一方で、膵癌研究にはさらに多額の費用が必要である点を指摘している。

[2007年8月1日/HealthDay News]




☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
メディネット、膵がん対象に化学療法と免疫細胞療法との併用治療に係る臨床研究を開始
膵がんに関する臨床研究、探索的フェーズから検証的フェーズへ進展
-メディネット及び名古屋大学、瀬田クリニック新横浜による共同臨床研究-


 株式会社メディネットは、平成19年8月9日、国立大学法人名古屋大学医学部附属病院光学医療診療部(名古屋市昭和区、部長:後藤 秀実)、及び医療法人社団 滉志会 瀬田クリニック新横浜(i)(横浜市港北区、院長:金子 亨)と共同で、切除不能局所進行膵がんを対象とする化学療法と免疫細胞療法(ii)との併用治療に係る臨床研究を開始しましたのでお知らせいたします。

 膵がんは、予後が極めて不良であることで知られており、特に切除不能症例の場合、5年生存率はほぼ0%と推計されています。これに対して、2005年6月から2007年3月に名古屋大学医学部附属病院と瀬田クリニック新横浜によって実施された切除不能局所進行膵がんを対象とする化学療法と免疫細胞療法を併用した臨床研究では、5症例のうち1例で部分奏効(iii)、2例で長期不変(iv)がみられるとともに、5例中4例で1年を超える生存(v)が確認されました。

 以上のような有効性を示唆する結果が得られたことを受け、探索的フェーズを終え、臨床応用に向けた検証的フェーズへと移行します。この度3者が実施する共同臨床研究は、前回と同様、膵がんに対する第一選択薬であるゲムシタビンを静脈内に投与した上で、超音波内視鏡ガイド下での未熟樹状細胞(vi)の腫瘍内局所投与と、活性化自己リンパ球(CD3-LAK)(vii)の静脈内投与を行なうプロトコルで実施し、症例をさらに集積することで本治療法の有用性をより明確なものとしてまいります。

 メディネットは、同社が保有する免疫細胞療法に係る各種データの提供及び臨床研究から得られるデータの解析等の役割を担い、本共同臨床研究に参加いたします。本共同臨床研究を通じて、メディネットが保有する技術の臨床エビデンス強化を図るとともに、切除不能局所進行性膵がんに対する新たな治療プロトコルが確立されることを期待しております。

以 上


(i) 瀬田クリニック新横浜
 旧 新横浜メディカルクリニック。平成19年7月1日に名称変更。

(ii) 免疫細胞療法
 患者自身の血液から免疫細胞(リンパ球等)を取り出し、体外で薬剤を用いて活性化・大量増殖させた上で、再び患者の体内に戻すことを繰り返し、免疫細胞の働きを人為的に大幅に強め、力のバランスを免疫の方に傾けることによって、異常細胞(がん細胞)を排除する治療法。自己の細胞を用いるため、本質的に副作用がなく、入院の必要がない外来での治療が可能であり、患者QOLを高く保てるなどの特徴がある。

(iii) 部分奏効
 画像診断により腫瘍の大きさを測定し、断面積が半分以下に小さくなった場合。

(iv) 長期不変
 画像診断により腫瘍の大きさを測定し、不変(大きさが断面積として半分以下に小さくなっていないが、25%以上の増加もしていない)の状態が6ヶ月以上継続した場合。

(v) 膵がんにおける生存期間
 膵臓の頭部に発生した癌273例の1年後の生存率は9%、体尾部に発生した癌149例では12%であったとの報告がある(追跡期間:1968年1月~1994年12月)。また、ゲムシタビンを用いて海外で行われた臨床試験において、ゲムシタビンが投与された場合(評価対象例63例)、生存期間の中央値は5.7ヶ月で、1年後の生存率は18%であったとの報告がある。

(vi) 未熟樹状細胞
 抗原提示細胞として機能する樹状細胞には未熟と成熟の段階があり、未熟の状態では貪食能が高いが抗原提示能は低く、成熟した状態では貪食能は低いが抗原提示能は高いと言われている。
 本臨床研究では、未熟樹状細胞の感作に、CTL誘導能の向上が期待できるゾレドロン酸を用いる。

(vii) 活性化自己リンパ球(CD3-LAK)
 免疫反応の中心となるリンパ球を患者自身の血液中から取り出し、体外で培養しながら増殖・活性化させたもの。免疫細胞療法においては、末梢血リンパ球にインターロイキン2とともに抗CD3 抗体により刺激を与えて増殖、活性化させて患者の体内に戻し、治療に用いる。



☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
遺伝子治療で膵臓がんが縮小をマウスで確認
膵臓がんはいまだ早期発見が難しく、5年生存率は4%未満だ。米Texas大学M.D. Andersonがんセンターの研究者たちは、2007年7月9日、膵臓がんに対する遺伝子治療を開発、マウスで効果と安全性を確認したと発表した。膵臓がんが縮小または消失、転移が抑制され、生存期間延長が見られたという。すでに、フェーズI開始に向けて準備が進行中だ。詳細は、Cancer Cell誌2007年7月号に報告された。

Biotechnology japan

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
膵臓がん“予備軍”超音波で判別…大阪府立成人病センター
超音波検査をもとに、膵臓(すいぞう)がんになりやすい人かどうかを見分ける方法を、大阪府立成人病センター(大阪市)の田中幸子・検診部長らが発見した。

 膵臓がんの早期発見と治療成績の向上につながる研究成果として注目を集めそうだ。京都市で開かれた日本がん検診・診断学会で7日、報告された。

 田中部長らは、1998年から2002年にかけて同センターで膵臓の精密な超音波検査を受け、何らかの軽い異常が見つかった754人に対し、3~6か月ごとに定期的な検査を実施、06年末までに12人から膵臓がんが発見された。

 この12人について、当初の超音波検査のデータを解析したところ、7人には、〈1〉膵臓から十二指腸に消化液を送るための主膵管の直径が2・5ミリ以上(通常2ミリ以下)〈2〉膵臓に直径3センチ以下の小さな袋がある――の二つの異常があった。

 こうしたことから、この二つの異常が超音波検査で見つかった場合には、見つからない人に比べ、膵臓がんになる危険性は約27倍高く、異常がどちらか一つだけでも、危険性は3~4倍高くなるとしている。

(2007年7月8日3時2分 読売新聞)

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)


☆ガン予防メルマガ☆

ガンを知ることによって予防するためのメルマガです。 ご登録よろしくお願いします☆

メルマガ登録・解除
がん予防のすすめ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

最近の記事

ブログ検索

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。