がんの勉強部屋☆
がんの最新情報から予防、医療情報まで科学的証拠に基づいた情報を集めまています。いろいろな情報を共有できたらと思っています。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
総医研HD子会社、イミダペプチド含有飲料「イミダペプチド」を通販で発売
産官学連携プロジェクトから生まれたイミダペプチド含有飲料「イミダペプチド」新発売!

2009年3月16日(月)より通信販売にて発売開始

日本ハム(株)中央研究所と(株)総合医科学研究所で共同開発


 株式会社総医研ホールディングス(東証マザーズ上場2385 社長:梶本佳孝 本社:大阪府豊中市 URL: http://www.soiken.com/ )の子会社である日本予防医薬株式会社(社長:高橋丈生 本社:大阪府豊中市)は、産官学連携プロジェクトから生まれたイミダペプチド含有飲料「イミダペプチド」(鶏胸肉抽出イミダペプチド含有ドリンク)を3月16日(月)から通信販売で発売します。

 日本予防医薬株式会社では、これまで同様の飲料を医師の認知下で使用することを目的とした専用食品「フロメド(FROMMED)」シリーズとして販売しておりましたが、この度、「イミダペプチド」として、一般に向けて販売を開始するものです。

 イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)(※1)は、今、産官学連携プロジェクト(※2)で最も注目されている食品素材で、ヒトや動物の骨格筋に存在するアミノ酸結合体です。食べて体に吸収された後は筋肉に取り込まれることが知られています。

 渡り鳥の中には、アラスカからニュージーランドまで一度も陸地に降りることなく数千キロを飛び続けるものがいます。なぜ、そのようなことが可能になるかを着目した結果、長時間、翼を動かし続ける鳥の筋肉中にイミダペプチドが高濃度に含まれ、牛肉や豚肉に比べて2~3倍も豊富に含んでいることが研究により判明しました。

 日本ハム株式会社 中央研究所では、このイミダペプチドを鶏胸肉から高濃度抽出する製法を開発、株式会社総合医科学研究所が飲料化に成功しました。

 りんご果汁をベースに味わいやすく、30mlと飲みやすい量で、様々なシーンで摂取しやすい瓶入りの飲料に仕上げています。

<ご参考>

(※1) イミダペプチドにはカルノシンとアンセリンがあり、カルノシンはβ-アラニンとヒスチジン、アンセリンはβ-アラニンとl-メチルヒスチジンとのジペプチドです。いずれもイミダゾール基により抗酸化作用、pH緩衝作用を持つことが知られています。

(※2) 産官学連携プロジェクトは、疲労研究に携わってきた大阪市立大学など5大学に、「産」からは製薬・化学9社、食品7社、総合商社2社の計18社、「官」から大阪市が参加し、総合医科学研究所がコーディネーターとして取り組む「疲労定量化および抗疲労医薬・食品開発プロジェクト」です。このプロジェクトの目的は、疲労のバイオマーカーを見つけることで疲労の特徴と強さを数値化・定量化し、最終的に本当に効果のある抗疲労医薬やトクホ(特定保健用食品)を提供することです。( http://www.soiken.info/project.html/ )

 商品名:「イミダペプチド」
 発売日:2009年3月16日(月)
 販売方法:通信販売(電話、FAX、インターネット、ケータイサイトにて注文受付)


<製品概要>
 品種:30ml×10本 2,680円(税込)
     30ml×30本 7,500円(税込)
 送料:個数に関わらず全国一律300円
 賞味期限:年月で表示(1年半)
 販売方法:注文専用電話  0120-189-137
        ※受付時間 9:00~17:00(土日祝を除く)
         FAX 0120-189-565
          ※受付時間 24時間

 インターネット http://imida.jp/
 ケータイサイト http://imida.jp/m


【日本予防医薬株式会社 会社概要】
 所在地 :大阪府豊中市新千里東町1-4-2 千里ライフサイエンスセンター13F
 代表者:代表取締役社長 高橋丈生
 資本金:155百万円
 出資会社:株式会社総医研ホールディングス(100%)
 事業内容:健康補助食品の販売等


お問合せ先:
 日本予防医薬株式会社 お客様相談室 0120-189-139



☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
スポンサーサイト

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
常盤薬品、医薬品成分「南天実エキス」の気管拡張作用メカニズムを発表
武蔵野大学薬学部との共同研究

ノエビアグループの常盤薬品工業は、医薬品成分「南天実エキス」の
すみやかに気管を拡張させるメカニズムを明らかにしました。

「第114回日本薬理学会近畿部会」にて発表



■概要
 ノエビアグループの常盤薬品工業株式会社(本社:東京都港区、社長:大倉 尚(ひさし))は、武蔵野大学薬学部薬理学研究室(阿部 和穂(かずほ)教授)と、医薬品成分である南天実エキスの有効性と安全性を検証するために共同研究をおこなっております。
 呼吸器系の障害による咳に対して、気管・気管支拡張薬が有効であることは既に認められています。私たちはこれまでに、南天実エキスの気管拡張作用を報告すると共に、その作用に関与する成分は、南天実エキス中の主なアルカロイドであるナンテニン(O-メチルドメスチシン)に加えて、最近、ヒゲナミンが含まれていることを明らかにしてきました。
 今回は南天実エキスと、南天実中のナンテニン・ヒゲナミンが、どのようなメカニズムにより気管を拡張しているのかを詳細に調べました。その結果、南天実エキスのすみやかな気管拡張作用は、ヒゲナミンによるβアドレナリン受容体※1(β受容体)を介したメカニズムであることがわかりました。また、ナンテニンはβ受容体を介さず、他のメカニズムにより気管を拡張することもわかりました。

 ※1…気管に存在するβアドレナリン受容体に作用すると、気管が拡張することが知られています


 研究成果は2008年11月14日(金)、『第114回日本薬理学会近畿部会』(神戸)にて発表いたしました。


■結果ならびに考察
 南天実エキスの気管拡張作用には、ナンテニンに加えて、ヒゲナミンも関与していることを明らかにしました。今回、南天実エキスに含まれるヒゲナミンが、β受容体を介して気管を拡張することがわかりました。
 これによって、南天実エキスのすみやかな気管拡張作用は、ヒゲナミンによるβ受容体を介したメカニズムであることが明らかになりました。

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)

テーマ:医療・健康 - ジャンル:ニュース

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
協和発酵バイオ、配合成分強化の「リメイク植物から生まれた発酵グルコサミン」を通販で発売
『リメイク植物から生まれた発酵グルコサミン』リニューアル新発売

グルコサミンのサポート成分「MSM」*を増量


 協和発酵バイオ(東京都千代田区 社長:小谷 幸亘)は、細胞の間を結合させる軟骨などの組織中に広く存在する成分であるグルコサミンを主成分とする健康食品『リメイク植物から生まれた発酵グルコサミン』の配合成分を強化して、11月5日より通信販売で新発売しました。
 
 本製品の特徴は、従来品と比べ、1粒あたりの「MSM」(メチルスルフォニルメタン)含有量を300mgから3倍以上の1,000mgに増やし、円滑さに関係するグルコサミンのサポート力をアップしました。そのため、1日当たりの摂取目安の粒数が以前より少なくて従来品と同量のグルコサミンを摂取できます。

 また、従来の個別包装から、無駄のない大袋タイプになり、価格もさらにお求め安くなりました。

 植物を原料に微生物の力を利用して作った「発酵グルコサミン」配合の製品『リメイク 発酵グルコサミンZn』は2005年9月末の発売以来、根強い人気で、ふしぶしの健康が気になる方々から大変好評をいただいています。

 このたびの配合成分増強によって、「立ち座りや膝の曲げ伸ばしが気になる方」「階段の上り下りが気になる方」「運動・ウォーキングなどをいつまでも楽しく続けたい方」の「歩く健康」をサポートします。


 ※MSM(メチルスルフォニルメタン):たんぱく質やコラーゲンに関係する有機イオウ化合物。ヒトの身体をはじめ、自然界に広く存在。 


〈製品概要〉
 ●製品名    『リメイク植物から生まれた発酵グルコサミン』
 ●荷姿     1袋/84g(350mg/240粒) 
 ●販売価格   4,500円 (消費税込み、送料無料)
 ●主な成分   (※ 関連資料参照)
 ●製造者    協和発酵バイオ株式会社
 ●総発売元   株式会社協和ウェルネス(協和発酵バイオ100%子会社)

 ●お客様からのお問い合わせ先(通話料無料)
          0120-80-7733(日曜・祝日除く 9:00~21:00)
 ●注文先
   [電話]0120-80-7733(日曜・祝日除く 9:00~21:00)
   [FAX]0120-80-2227(24時間受付)
   [ハガキ]〒103-0015東京都中央区日本橋箱崎町36-2
         株式会社協和ウェルネス 通信販売部 行き
   [ホームページ]http://www.kyowaremake.jp/

[会社概要]
 協和発酵バイオ株式会社 
 設立:2008年10月1日 
 資本金:100億円 
 代表者:代表取締役 社長 小谷 幸亘 
 本社:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル
 事業内容:医薬品原料、各種アミノ酸、健康食品、農畜水産関連製品および原料用アルコールの製造販売 2008年10月1日、協和発酵バイオは、協和発酵キリン(東京都千代田区 社長:松田 譲)の100%子会社として新たに設立されました。新会社は協和発酵がグルタミン酸発酵の発明以来50年間培ってきた資産、人材、技術開発力を引き継ぎ、その基盤の上に、「発酵と合成の有機的結合」を大きな目標として掲げ、今後も多種多様な製品を革新的に開発し、医薬品や健康食品などを通じて世界の人々の健康と豊かさに貢献してまいります。

お問い合わせ先
 お客様窓口 0120(80)7733(9:00~21:00 日曜・祝日除く)


☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
タカラバイオ、寒天由来成分配合のサプリメント「グルコサミン+アガロオリゴ糖」を発売
寒天由来の「アガロオリゴ糖」を配合したサプリメント
「グルコサミン+アガロオリゴ糖」新発売


 タカラバイオ株式会社(社長:加藤郁之進)は、アガロオリゴ糖を配合したサプリメント「グルコサミン+アガロオリゴ糖」を平成20年11月18日(月)より新発売いたします。

 「アガロオリゴ糖」はタカラバイオが独自製法により開発し製造した、寒天由来のオリゴ糖で、タカラバイオでの長年の研究により、他のオリゴ糖には見られない特有の機能性があることを発見しています。

 本製品は、独自製法により製造・開発したアガロオリゴ糖を使用し、軟骨の構成成分であるグルコサミンおよびII型コラーゲン、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12を配合した飲みやすいサプリメントに仕上げました。
 1回4粒、1日3回程度を目安にお召し上がりください。(12粒当りグルコサミン1,500mg、アガロオリゴ糖200mg、II型コラーゲン100mg、ビタミンB6 1mg、葉酸200μg、ビタミンB12 2μg を含有しています。)

 本製品は、宝ヘルスケア株式会社(宝ホールディングス株式会社の100%子会社)を通じて販売いたします。

【製品概要】
製品名:     グルコサミン+アガロオリゴ糖
種類:      グルコサミン、アガロオリゴ糖加工食品
内容量:     90g(250mg×360粒)
希望小売価格: 5,040円(税込)
販売地域:   全国
お問い合わせ: 0120-810-771(宝ヘルスケア株式会社)

当資料取り扱い上の注意点
 資料中の当社の現在の計画、見通し、戦略、確信などのうち、歴史的事実でないものは、将来の業績に関する見通しであり、これらは現時点において入手可能な情報から得られた当社経営陣の判断に基づくものですが、重大なリスクや不確実性を含んでいる情報から得られた多くの仮定および考えに基づきなされたものであります。実際の業績は、さまざまな要素によりこれら予測とは大きく異なる結果となり得ることをご承知おきください。実際の業績に影響を与える要素には、経済情勢、特に消費動向、為替レートの変動、法律・行政制度の変化、競合会社の価格・製品戦略による圧力、当社の既存製品および新製品の販売力の低下、生産中断、当社の知的所有権に対する侵害、急速な技術革新、重大な訴訟における不利な判決等がありますが、業績に影響を与える要素はこれらに限定されるものではありません。


【語句説明】

アガロオリゴ糖(寒天オリゴ糖)
 アガロオリゴ糖は、寒天より生成されたオリゴ糖です。寒天は、ガラクトースと3,6-アンヒドロガラクトースとが交互に直鎖状に並んだ「アガロース」という糖鎖からできています。
 これを酸性の条件で加温すると、アンヒドロガラクトースとガラクトースとの間の化学結合(α-1, 3結合)が加水分解(切断)され、還元末端にアンヒドロガラクトースを持つ、それぞれ2糖、4糖、6糖、8糖からなる「アガロオリゴ糖」が生成されます。

グルコサミン
 グルコサミンは、カニ、エビなどの甲殻類の外皮を形成するキチン質に含まれ、また人間では糖蛋白質の成分として軟骨、爪,靱帯、心臓弁などに存在しています。軟骨細胞を形成する基礎となる成分で、関節部分で重要な役割を果たしています。

II型コラーゲン
 コラーゲンはその構造の違いにより19種類以上あることがわかっています。体内で最も豊富に存在しているのはI型コラーゲンで、皮膚や靭帯、骨に多く含まれます。
 それに対しII型コラーゲンは、関節をやさしく包み込んでクッションの役割を果たす関節軟骨に主に含まれるコラーゲンです。



☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
タカラバイオ、活力サポートサプリメント「クーガイモ」をリニューアル
ヤムイモサプリメント 活力サポート「クーガイモ」リニューアル新発売


 タカラバイオ株式会社(社長:加藤郁之進)は、活力サプリ「クーガイモ」を平成20年11月18日(月)よりリニューアル新発売いたします。

 昨年9月の発売以来、活力サポートサプリメントとして大変ご好評いただいております「クーガイモ」をリニューアルいたします。食品添加物を使用せずに打錠することで、1日の摂取目安量を従来品の12粒から8粒に減量し、飲みやすさにこだわりました。ヤムイモの一種である国産クーガイモ(和名:トゲドコロ)とニンニクエキスだけで仕上げ、クーガイモの健康成分はそのままに、健康素材として認知の高いニンニクエキスを従来品に比べ約10倍増量いたしました。

 本製品は、自然豊かな国内で栽培したクーガイモ(和名:トゲドコロ)と青森産ニンニクエキス(福地ホワイト六片種)を使用した国産100%の飲みやすい粒状のサプリメントです。1日8粒を目安にお召し上がりください。

 本製品は、宝ヘルスケア株式会社(宝ホールディングス株式会社の100%子会社)を通じて販売いたします。

【製品概要】

 製品名:クーガイモ ドゲドコロ(クーガイモ)
 種類:加工食品
 内容量:60g(250mgX240粒)
 希望小売価格:5,040円(税込)
 販売地域:全国
 お問い合わせ:0120-810-771 (宝ヘルスケア株式会社)

<参考資料>
【語句説明】

ヤムイモ
 ヤマノイモ科ヤマノイモ属に属する食用種の総称です。例えば、ナガイモ、イチョウイモ、ツクネイモ、ジネンジョ、ダイジョをはじめ、トゲドコロもそれぞれヤムイモの一種です。

クーガイモ(トゲドコロ)
 ヤマノイモ科ヤマノイモ属に属するヤムイモで、市販されているナガイモ、ツクネイモ、イチョウイモ、ジネンジョ等と近縁のヤムイモです。国内では主に沖縄周辺で栽培されていますが、その生産量は年間数t程度の希少品種です。日本で栽培されているヤムイモのなかでは圧倒的にジオスゲニン含有率が高い品種です。


 当資料取り扱い上の注意点 資料中の当社の現在の計画、見通し、戦略、確信などのうち、歴史的事実でないものは、将来の業績に関する見通しであり、これらは現時点において入手可能な情報から得られた当社経営陣の判断に基づくものですが、重大なリスクや不確実性を含んでいる情報から得られた多くの仮定および考えに基づきなされたものであります。実際の業績は、さまざまな要素によりこれら予測とは大きく異なる結果となり得ることをご承知おきください。実際の業績に影響を与える要素には、経済情勢、特に消費動向、為替レートの変動、法律・行政制度の変化、競合会社の価格・製品戦略による圧力、当社の既存製品および新製品の販売力の低下、生産中断、当社の知的所有権に対する侵害、急速な技術革新、重大な訴訟における不利な判決等がありますが、業績に影響を与える要素はこれらに限定されるものではありません。 この資料は、11月6日に京都経済記者クラブに配布しています。

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
ノコギリヤシのエキスと前立腺肥大症
ノコギリヤシエキス含有食品の排尿改善効果を日本人臨床試験にて証明

日本初(*1)!前立腺肥大症における
ノコギリヤシエキス含有食品の有効性を確認

―11月8日~9日 第11回日本補完代替医療学会学術集会(横浜市)にて発表―

 *1 弊社調べ



 小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林 豊)は、日本人前立腺肥大症患者におけるノコギリヤシエキス含有食品の有効性を初めて確認(*1)しました。この研究成果について、2008年11月8日(土)~9日(日)に横浜市で開催される第11回日本補完代替医療学会(*2)学術集会において発表いたしました。


■前立腺肥大症とは
 尿道を囲むようにして存在する前立腺が肥大して、尿道が圧迫されることで起こる。頻尿や残尿感などの排尿障害を伴う。


■ノコギリヤシとは
 北米大陸南東部に分布する高さ2~4mのヤシ科の低木でノコギリ歯状の葉をもつことが名前の由来になっている。夏に香りの良いクリーム色の花を咲かせ、秋に紅い実をつける。果実は、油性の物質を多く含み、食用、薬用に使用される。
 古来よりヨーロッパで前立腺肥大症の治療薬として使用され、多くの臨床試験によって有効性が確認されているが、日本人での臨床試験報告は現在報告されていない。


■日本人前立腺肥大症患者におけるノコギリヤシエキス含有食品の有効性、安全性を臨床試験にて確認
 弊社では、ノコギリヤシエキス含有食品が前立腺肥大による排尿困難を軽減することに着目して、日本人での研究結果が未だ報告されていない臨床試験を実施し、研究を進めてまいりました。そして、今回ノコギリヤシエキス含有食品による「排尿困難の改善」を確認しました。

 これまで、“ノコギリヤシ”は健康食品として日本でも広く使用されてきましたが、前立腺肥大症患者について有効性が日本人で確認されたのは今回の研究が初めて(*1)です。

 *1 弊社調べ
 *2 代替医学領域における基礎的・臨床的研究の促進と情報の収集・交換を図り、代替医療の進歩・普及・発展に寄与することを目的とする学会


<結果>
 ノコギリヤシエキス含有食品の、日本人における前立腺肥大症について排尿困難の改善を確認



<考察>
 高齢化が進む社会状況下、ノコギリヤシエキス含有食品は今後、前立腺肥大症の改善素材として期待される。


☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)
*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
エスエス製薬、植物由来成分で滞留便の排泄を促す「スルーラック デトファイバー」を発売
腸内に溜まった老廃物(滞留便)をスムーズに排出
「スルーラック デトファイバー」新発売


 エスエス製薬株式会社(東京都中央区 代表取締役社長:羽鳥 成一郎)は平成20年12月1日より、全国の薬局・薬店・ドラッグストアを通じて「スルーラック デトファイバー」(便秘薬)を新発売いたします。


■内容量/希望小売価格(消費税込み) 15包/1,365円、発売後1年間で20億円(店頭売価ベース)の販売を目指します。


■老廃物(滞留便)を出すことの大切さ
 生活環境の変化・ストレス・運動不足などで溜まりがちな老廃物。
 その老廃物を取り除くことが「健康、そしてカラダの内側からキレイになることにつながる」 という考えがいま、女性のあいだで広く定着しています。


 一方、毎日の生活で気をつけていても、さまざまな原因によって
 約4割の方が便秘症状、つまり体内に老廃物が溜まった状態を経験されていますが、便秘薬を使用されているのは3人に1人、という事実があります。
(2007年 エスエス製薬調べ 対象者:20~30代女性 n=6098)


 なんだか最近、老廃物が溜まっている感じがする・・・ 
 そんな方々に、エスエス製薬は改めて "きちんと老廃物(滞留便)を排出することの大切さ"を「スルーラック デトファイバー」で実感していただきたい、と考えます。

 「スルーラック デトファイバー」は4つの植物由来成分のチカラで腸内に溜まった老廃物(滞留便)をスムーズに排出。便秘、便秘による肌あれを緩和します。

 一人ひとりの健康を大切にしたい、エスエス製薬から新しい便秘薬の登場です。


■老廃物(滞留便)を排出する成分のはたらき

○ジュウヤク末(どくだみ)※、アロエエキス、センノサイドカルシウム
 便を排出する腸の働き(ぜん動運動)を高め、かさを増した便をしっかり押し出します。
 また、老廃物(滞留便)の排出をサポートすることで、肌あれも改善します。

○プランタゴ・オバタ種皮末(植物繊維)
 腸内で水分を吸収し便を適度なやわらかさにするとともに、かさを増してスムーズな排出を促します。


※ジュウヤク (どくだみ) とは・・・
 どくだみは別名をジュウヤク(十薬)といい、さまざまな病に効くところから名付けられたとされています。
どくだみは、体内に生じた老廃物をカラダの外に排出する働きに優れ、便秘やそれに伴う肌あれ・吹出物の改善に効果があります。

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
でん六、秋ウコンエキスを高濃度で添加したスナック菓子「ウコンの柿ピー」を発売
体にうれしい、お酒のみのための夢のおつまみ

「ウコンの柿ピー」を11月1日から発売


 「豆を究め、喜びを創る」をテーマに、できたて新鮮にこだわり、独特の香りと味わいをお届けしている株式会社でん六(本社:山形市清住町3-2-45、社長:鈴木隆一)では、肝機能強化作用が期待されるクルクミンとアルコール分解補助効果があるといわれるナイアシンのダブルのパワーが入ったおつまみ「ウコンの柿ピー」を11月1日(土)から発売いたします。

 古くから生薬としても用いられてきたウコン。最近お酒を飲む前のドリンクとしてウコンドリンクが定着してきたことからもわかるように、ウコンには肝機能強化作用で注目されているクルクミンが含まれています。「ウコンの柿ピー」は、おつまみの定番である柿の種にクルクミンを多く含む秋ウコンエキスを高濃度で添加した体にやさしい柿ピーです。さらに、酸化に対して非常に強いオレイン酸を含有し、しかもアルコールの分解補助効果もあるといわれるナイアシンを多く含んだ歯ざわりの良いハイオレイックバタピーも加えました。
 
 「ウコンの柿ピー」1袋(65g)あたり、クルクミンが40mg、ナイアシンが4mg含まれており、ビールや酎ハイなどあらゆるアルコールのお供として、お酒好きにうれしいおつまみとなっています。

 「ウコンの柿ピー」一人飲みに便利な65g食べ切りサイズで105円(消費税込み)にて、11月1日(土)からの数量限定発売です。

 でん六では、懐かしい味から新しい味まで、バラエティに富んだ菓子の数々を発売し、皆様に親しまれています。また、より安全なお菓子をお届けするために、原料から製造  まで厳しく品質をチェックするトータル鮮度管理システムを実施しています。このでん六ならではのシステムで、安全・安心なおいしさをいつでもどこでも、皆様のお手元まで  お届けしています。


【商品概要】
 商品名
   ウコンの柿ピー
 特徴
   肝機能強化作用が注目されるクルクミンを多く含む秋ウコンエキスを高濃度で添加したおつまみの定番「 柿の種」
   酸化に対して非常に強いオレイン酸を多く含み、アルコール分解成分ナイアシンも含むハイオレイックバタピー
 内容量
   65g
 希望小売価格
   105円(消費税込)


お問い合わせ先
 でん六 お客様情報センター 0120-397150
  (受付時間:祝祭日を除く月~金曜日 9:00~17:00)
 ホームページアドレス:URL:http://www.denroku.co.jp/


☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
日本製粉、ソフトカプセルタイプで飲みやすい健康食品「高麗紅蔘」など発売
日本製粉(株)より健康食品2品が新発売


 日本製粉(株)(社長 青崎済)は11月1日(土)、お客様のニーズにお応えした健康食品として『高麗紅蔘(ソフトカプセル)』、『アマニブレンド油』、の2品を発売いたします。


1.高麗紅蔘(ソフトカプセル)

 当社の高麗紅蔘シリーズは、初級者から本格志向の上級者まで、タイプ別に4商品あります。今回発売するソフトカプセルタイプはそれらの中間に位置し、初級者にとってはステップアップ商品、上級者にとっては外出先でも手軽に摂取できる商品として展開してまいります。

 40~60歳代の女性を対象とした高麗紅蔘エキスに関するホームユーステスト(当社調べ)では、高濃度のエキスを摂取している上級者は約60%がその効果を認めるいっぽう、約50%が独特の香りや苦味を苦手としており、約70%がスプーン計量やお湯に溶かす必要がある飲み方を面倒だと感じていることがわかりました。本商品は、特にこうしたお客様のご要望に対するソリューションとして開発しております。 


≪商品概要≫
 □内容量        180粒(30日分) 
 □希望小売価格    9,975円(税込) 
 □エキス量       1日あたり840mg 
 □発売          2008年11月1日 
 □販売地域       ・全国のデパート
               ・自然食品店
               ・通販 

□商品特長
 *独特の苦味や香りが全く気にならないソフトカプセルタイプ。
 *当社シリーズ品と同様、最高級6年根の高麗人蔘のなかでも皮を剥がさずそのまま蒸し乾燥させた紅蔘のみを使用。
 *カプセル内のエキスはじっくりと時間をかけた水出し抽出。
 *携帯でき、場所や時間を問わず手軽に気軽に摂取可能。
 *カプセル皮膜に特殊加工を施し、高温多湿の環境下でもカプセル同士の付着を防止。 
  
□こんな方におすすめ
 *疲れがとれない方。
 *寒さ・暑さを感じやすい方。
 *寝起きがスッキリしない方。
 *高麗人蔘は摂取したいが苦味や香りが苦手の方。
 * エキスを計量してお湯に溶かすのが面倒という方。 

2.アマニブレンド油 
 現代人の健康バランスの崩れはn-3系脂肪酸の不足が大きいことが指摘され、アマニへの注目はますます高まっています。それをうけて、当社のアマニ油も前年に比べて急激な売上の増大を見せています。
 アマニ油は従来、引火性・加熱による成分の減少・におい等の理由から、加熱調理には適さないとされてきました。本商品はこうした条件をクリアし、お客様のご要望が大きかった「炒め油としての使用」を可能にしました。アマニ油にオリーブ油をブレンドしたことで、オリーブのフルーティーな香りが加わり、より美味しくなっています。また、アマニ油に含まれるα-リノレン酸と、オリーブ油に含まれるオレイン酸は同時に摂取することで栄養的にも優れており、生活習慣病や健康維持、美肌、等に役立ちます。 
  
≪商品概要≫ 
  □内容量        270g 
  □希望小売価格    1,890円(税込) 
  □摂取成分(1日大さじ1杯)
                ・α-リノレン酸(4.0g)
                ・オレイン酸(6.5g) 
  □発売          2008年11月1日 
  □販売地域       ・全国のデパート
                ・自然食品店
                ・通販 

□商品特長
 *アマニ油とオリーブ油を1:1の割合でブレンド。
 *炒め油として使用可能。
 *アマニ油のα-リノレン酸(n-3系)とオリーブ油のオレイン酸(n-9系)が、生活習慣病に効果を発揮。
 *最高級エクストラバージンオイルのフルーティーな風味。 

□こんな方におすすめ
 *生活習慣病が気になる方。
 *アレルギー症の方。
 *炒め油にも健康機能を求める女性。
 *サラダのドレッシングにアマニ油のほかオリーブ油の風味も楽しみたい方。
☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
東ハト、12種類の穀物が入った栄養機能食品「オールバナナCaプラス」を発売
12穀が入った栄養機能食品「オールバナナCaプラス」新発売


 株式会社東ハト(本社:東京都豊島区、社長:小森和輝)は、2008年11月3日より、栄養機能食品「オールバナナCaプラス」を新発売いたします。

 東ハトを代表する焼き菓子「オールレーズン」(1972年発売)のシリーズ商品として登場した「オールレーズンFeプラス」、「オールアップルVEプラス」(ともに2008年6月発売)は、たっぷりのフルーツに12穀と不足しがちな栄養素をプラスした栄養機能食品です。この度、シリーズ第3弾として、「オールバナナCaプラス」が新登場いたします。

 「オールバナナCaプラス」は、12種類の穀物(小麦ふすま・ライ麦・大麦・スペルト小麦・トウモロコシ・ライ小麦・きび・オーツ麦・米・ひまわりの種・アマニ・胡麻)とカルシウムを配合したクッキー生地で、たっぷりのバナナの果肉をはさみこみ、しっとりソフトな食感に焼きあげました。バナナの果肉を32%配合し、カルシウムと食物繊維、10種のビタミンが1日の必要量の約1/3量含まれています。骨や歯の形成に必要なカルシウムを1袋に240mg配合。バナナに多く含まれるマグネシウムは、カルシウムと作用しあって骨や歯の形成を助けると言われています。

 栄養価が高く朝食にも適していると言われるバナナをたっぷりはさんだ「オールバナナCaプラス」は、忙しい朝の食事やお子様のおやつなどにぴったりです。また、小袋入りで携帯しやすく、ひとくちサイズでどこでも手軽につまめるので、通勤通学時などの携帯食としても便利です。

※栄養機能食品
 1日に必要な栄養成分(ビタミン・ミネラル)の補給のために利用される食品で、国が定めた規格基準に従って栄養成分の機能を表示しているもの。

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
アガリクスの臨床試験が行われる
金大大学院医学系研究科臨床研究開発補完代替医療学講座の大野智特任准教授は今月下旬から、がんに効くとされる健康食品アガリクスについて、公的研究費を用いた臨床試験を国内で初めて開始する。キノコの一種アガリクスはがん患者の利用頻度が高いが、がんの予防・治療効果を科学的に証明した報告は今までほとんどなく、この臨床試験でアガリクスの安全性や抗がん作用の効能が明らかになると期待される。
 臨床試験は、厚生労働省がん研究助成金「がんの代替療法の科学的検証と臨床応用に関する研究」の一環で、金大附属病院と四国がんセンター(愛媛県)との共同研究として行われる。

 がんと診断され、治療を終えて経過観察中の人を対象に、患者を三グループに分け、動物実験などで安全性が確認されている市販のアガリクス製品を一日一包(一・八グラム)から三包、六カ月間摂取し続けてもらう。二カ月ごとに採血し、肝臓や腎臓への副作用および免疫機能や生活状況への影響を調べる。

 この試験で人に対するアガリクス製品の安全性が確認できれば、がんへの有効性を調べる次段階の試験へ進む予定である。

 国内では多くのがん患者がアガリクスやプロポリスといった健康食品を利用している。厚労省研究班が二〇〇五年に発表した調査結果では、健康食品や栄養補助食品のサプリメント、漢方、鍼灸などの補完代替医療を利用しているがん患者は全体の45%に上り、そのうち約六割はアガリクス製品を摂取していた。

 医療関係者によると、患者の多くは健康食品にがんの進行抑制効果を期待して利用しているが、臨床データがないため、がんに対する正確な効果などは分からないのが実情という。

 大野特任准教授は国内初の臨床試験について「アガリクスの正確な情報が少ない現状で安全性や有効性を確かめることは非常に有意義だ」と話し、試験に参加する患者約九十人を募集している。問い合わせは金大大学院医学系研究科臨床研究開発補完代替医療学講座=076(265)2147=まで。

 アガリクス ハラタケ科に属するブラジル原産のキノコで、和名はカワリハラタケ。日本では人工栽培されている。1980年代にがん抑制作用が動物実験などで報告されてから、人での抗がん効果に期待が寄せられ、キノコの全体や一部を原料にした粉末や顆粒、錠剤などの製品が「抗がん作用がある」「免疫力を高める」などとされて健康食品として販売されている。

北国新聞


☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)

テーマ:医療・健康 - ジャンル:ニュース

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
<健康食品>アガリクスに発ガン性促進 自主回収を要請
厚生労働省は13日、キノコの一種「アガリクス」を含む健康食品で発がん作用が促進されるとの動物実験の結果が出たとして、「キリン細胞壁破砕アガリクス顆粒」を販売するキリンウェルフーズ社(東京都)に対し、自主的な販売停止と回収を要請した。キ社の野中淳一社長は同日会見して謝罪し、すべてのアガリクス製品の販売中止と回収を表明した。
 学術雑誌にアガリクスで肝障害を疑う例などが掲載されたため、国立医薬品食品衛生研究所が広く流通している3社の3製品を抽出して調査。キ社の製品について、製品自体に発がん性はないものの、ラットを使った実験で発がん作用を助長する結果が出たという。厚労省によると、調査対象となった3製品のうち、キ社以外の2製品は現段階では問題は見つかっていないという。対象製品の問い合わせはキ社(0120・033・827)へ。【玉木達也】
(毎日新聞) - 2月13日21時29分更新

☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)

テーマ:医療・健康 - ジャンル:ニュース

*ジクロロ酢酸関連情報はこちらからリンクしています*
ハナビラタケと大豆イソフラボン併用の新たながん免疫療法
札幌で開催中の日本癌学会にて、臨床試験で得られた効果を発表。

 14日から札幌市内で開催されている「第64回 日本癌学会学術総会」で、熊本市の医師がハナビラタケと大豆イソフラボンを併用した新たながん免疫療法の効果を報告した。

 がんに対しては現在、外科手術、抗がん剤、放射線が主な治療法。しかし最近では、人間が本来持ち合わせている免疫細胞の機能低下ががん細胞増殖につながることに着目し、人体に5種類あるとされる免疫細胞の強化に努める「免疫療法」が、がん治療第4の柱として注目を集めつつある。

 今回報告されたのは、そうした免疫療法のひとつである「活性化自己リンパ球NK細胞療法」の臨床結果。

 熊本市の表参道吉田病院院長を務める吉田憲史医師が研究を進めている新たな治療法で、患者の体内から採取したリンパ球とNK細胞の免疫細胞を培養し、細胞数を増加させたうえで再び患者の体内に戻すというもの。これら活性化された免疫細胞は、がん発生場所や体力に関係なく、がん細胞の排除に効果を発揮するという。さらに、元々体内に存在する細胞を利用する治療であるため、抗がん剤や放射線治療では避けられない副作用の心配がないメリットも挙げられる。

 吉田病院ではこの治療法をベースに、抗がん作用が認められている他の治療法との併用試験にも着手。キノコなどに含まれる抗がん成分「βグルカン」を研究する東京薬科大学の宿前利郎名誉教授、大野尚仁・薬学部教授や大豆イソフラボンの研究を進めるキッコーマン(本社・東京)、βグルカンを多量に含むハナビラタケ栽培のミナヘルス(同・埼玉県)と共同し、これまで大豆イソフラボンとハナビラタケの抗がん剤による白血球減少の副作用防止作用についての学会発表も行っている。

 さらに今回は、同治療法を体験したがん患者を対象に昨年3月から1年間行った大豆イソフラボンとハナビラタケの経口臨床試験の結果を報告。胃がんや肺がん、肝臓がん患者ら7人の病状が全般的にに好転したほか、白血球の増加やNK細胞の活性化が見られた。

 吉田医師は「免疫力をパワーアップさせることを立証したもので、今後の研究によっては、より強力ながん治療法への発展が期待できる」と説明している。


☆この情報を少しでも多くの方に知らせるためにクリックをお願いします☆

☆相互リンクは随時受け付けております☆ (右欄の【メールフォーム】からご一報ください)

テーマ:医療・健康 - ジャンル:ニュース



☆ガン予防メルマガ☆

ガンを知ることによって予防するためのメルマガです。 ご登録よろしくお願いします☆

メルマガ登録・解除
がん予防のすすめ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

最近の記事

ブログ検索

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。